ブログ」カテゴリーアーカイブ

はじめまして ~いまだ 古井戸 です~

はじめまして

あたらしく加わりました、いまだ古井戸(ふるいど)です。よろしくお願いいたします。自己紹介を兼ねて、最近のこと・思ったことを書き込みます。良ければお付き合いください。

むかしそのむかし、中学生だったころ。(「最近」と言っておきながら、ですが)高校入試で、高村光太郎の「道程」の感想文を書きました。「僕の前に道はない 僕の後ろに道はできる」その開拓精神がなんちゃらかんちゃら…というような作文だったような記憶があります。

今日、暖かい日差しのさすなか歩いてて、突然そのことを思い出しました。はぁ、なんですか突然・・・と自分につっ込みを入れながら。そして、言葉にならないものをひしひしと、この身で感じました。そうなんだなぁ、そういうことなんだなぁ、と。人生も多分折り返し地点を越えて、いま生きてます。いろんなことがあったような・・・赤恥もかき、なみだも流し、汗も流した、かな・・・

人生の目的

ある時、あなたの人生の目的は?って聞かれたことがありました。すました顔して「死ぬまで生きることです」って答えたのを覚えています。実は「目的はないです」がほんとの答えだったんだけど、ちょっと体裁を取り繕いました。「これを達成したい」「こうなりたい」というのがなかったのです。

実はじつは、今も、ありません。
わたしって、夢も希望もないにんげんなのかも、と思ったり、しらけて生きてる、ってこと?と思ったり、かわいくない!と自分に突っ込みを入れたり。

これでいいのだ・・・

今日、道を歩いてて「そうなんだ」って思って、ちょっと胴体の真ん中あたりが温かくなった感じです。これで・・・いいのだ・・・ただ歩くっていうこと。そして、歩いたそこが道。「道をつくるために歩く」のでもない、少なくとも、それをもくろんで足を動かすわけでない。一日、いちにち、生きてきて、そして、今日、さだちゃんのいぼに、わたしは居ます。

ロック

「私の人生にはロックが欠けていた」 7~8年前に書いた文のタイトルです。


固くまじめに生きてきて、私は思春期にコケました。コケた後も、身についたまじめさは外から見てもわかったようで。その一方で内には激情と反抗心とやたら正義感と絶望を抱えていて(なんかじぶんでかいててこわいですね・・・)

その私が、中年すぎてから、ロックを聴くようになりました。「私にはこれが欠けてたんだ!」と実感。遅まきながらライブに、フェスに、うろうろと。身体能力の限界はわきまえ、モッシュには加わりませんが(実はしたい!とってもしたい、と思っている・・・)

それが、今年。感染症が拡大して、行動を変えることになり。フェスもライブも行ってません。かろうじて行けた新春ライブが懐かしい!しばらくじ~っとしていて思うことは・・・


ああ、ロックって、もしかして、おんがくのことじゃないんだ、反抗心のことでもないんだ、頭染めることでもないんだ・・・(ほんとに単純で安直な発想・・・)

使い果たすこと

あと何年生きてるかな、わたし。持ってるものを、使い果たして、死んでいきたいかも。
べつに、有り金はたくっていうんじゃないのです。自分に与えられた日々・熱量をつかいつくして消えていきたい。「死んでしまって命も体もないけど、こんなに何か残っちゃいました」じゃなくて。


もちろん今も、「ロック」は好きです。そして、それは音楽だけのことじゃあないって少しずつ分かってきました。今の私の人生の目的は、持ってるものを使いながら、死ぬまで生きること。それが、本物の私として生きることなのかもしれない、そんな風に思っています。

---------------------------------

あなたはどう生きていますか?

----------------------------------

サトウハルミさんブログ更新(11/3)

ぐうたら母ちゃんの時々絵日記~うつなのに二人目産んじゃいました~
40代母ちゃんが、鬱と付き合いつつ、9歳差男子二人の子育てや親の介護、仕事の事などを書いてます。

ファミリーサポート・カウンセリング『さだちゃんのいぼ』で、イラストを担当しているサトウハルミさんのブログです。記事タイトルを押すと「アメブロ」にリンクします。

  • お兄ちゃんから、取返しつかなくなるぞと言われた不登校の弟
    <p>最近、</p><p>寝るときになると、</p><p>必ず私と下の子が寝ている部屋にやってくるお兄ちゃん。</p><p>いつも、</p><p>5分か10分位しゃべって自分のベッドに戻っていく。</p><p><a href="https://stat.ameba.jp/user_images/20201208/09/farufarusan/c2/bb/j/o0689049614863260718.jpg"><img alt="" height="446" src="https://stat.ameba.jp/user_images/20201208/09/farufarusan/c2/bb/j/o0689049614863260718.jpg" width="620"></a><a href="https://stat.ameb

    2020-12-08

  • 最近の不登校児とお兄ちゃんの様子
    <p>最近の不登校児の様子。</p><p>放課後、週2回くらい、学校に行って、</p><p>先生とバスケットボールをしています。</p><p>週1回は、スクールカウンセラーさんと、将棋をしています。</p><p>その他、習い事で空手、レゴでロボットを作成。</p><p>外に出ることの抵抗はかなり少なくなったが、</p><p>途中で小学生に会うと、少し隠れたりします。</p><p>かなり距離があると、大丈夫な様子。</p><p>前少しやっていた家の手伝いは、</p><p>全然やらなくなりました。</p><p> </p><p>私は、平日はたまに短時間の仕事に行っていたり、</p><p>カウンセリングを受けに行ったり、</p><p>結構忙しいです。</p><p>な

    2020-11-03

アメバブログ(faru)https://ameblo.jp/farufarusan/

SadachanoiboTV『ストレッチングたいそう』#003『東洋医学の曲池と手三里』

『さだちゃんのいぼ』さだチャンネル

SadachanoiboTV『ストレッチングたいそう』

#003『東洋医学の曲池と手三里』

東洋医学のツボを使った簡単なマッサージをYouTubeチャンネルで掲載中です。
眼精疲労のツボである曲池(きょくち)と手三里(てさんり)を紹介します。
講師:えばなりょう

© 2020 ファミリーサポート・カウンセリング『さだちゃんのいぼ』

久しぶりの再会

さだちゃんのいぼ連載コラム

久しぶりの再会

週末は両親の介護のため実家で過ごすことが多くなりました。

来年90歳になる父と二人で部屋の片付けや掃除をしました。両親ともにかなりのコレクターで、色々な物が色々な所に所狭しと置いてあります。さらにもっと多くの物は使われずに仕舞い込まれています。数年前に大掃除をして大量に整理処分をした時に、広くなった家中を見渡して感動したのが嘘だったのかと思うような状態になっていました。

両親ともに新しいコレクションの分野をそれぞれに歩みだしたのが最大の要因でした。その中でも特筆すべきは、両親の友人や知人にとどまらず親せきまでもが、江花さんなら喜んでくれるのではないかと言って、使わなくなった物や古着を持って来てくれるのです。もちろんですが、そのほとんどは使うことなく使われずに家中に収納されているのです。こちらから頼んだわけでもないのに、様々な分野の様々な物が勝手に集まって来るのです。

以前、久しぶりに帰省した日のことです。私は自分の部屋のドアを開けて驚きました。そこには筋トレに使う大きな器具が3つも置いてありました。両親に買ったのと訊いてみると貰ったものだといいました。こんな物まで集まってくるのかと笑ってしまいました。

実家には二階建ての物置小屋があります。今回、二階には何があったのだろうなと思いながら上がってみました。ダンボール箱が数十個あり、箱を開けてみると全て私の本でした。懐かしい本でいっぱいになった段ボール箱を見つめながら、つくづく私も両親の優れたコレクターのDNAを引き継いでいるんだなと思い、笑うしかありませんでした。

本日は、私のコレクション((笑))の中から一冊の本を紹介させていただきます。

ジェローム・K・ジェローム著 『ボートの三人男』 中公文庫 です。

気鬱にとりつかれた三人のイギリス紳士が犬をお供に、テムズ河をボートで漕ぎだし抱腹絶倒の珍事の連続のなか、愉快で滑稽で皮肉で珍妙な河の旅のユーモア小説です。

この本は高校3年生の時に駅前の小さな本屋さんで出会いました。とても大好きな小説です。先ほど、物置小屋の二階のダンボール箱の中から見つけ出しました。本当に久しぶりの再会です。お気が向いたらお読みください。

江花りょうでした。

SadachanoiboTV『ストレッチングたいそう』#002『自律神経のバランスをとる』

『さだちゃんのいぼ』さだチャンネル

SadachanoiboTV『ストレッチングたいそう』

#002『自律神経のバランス』

東洋医学のツボを使った簡単なマッサージをYouTubeチャンネルで掲載中です。
自律神経のバランスに良い耳を使った簡単な矯正方法。左右にぐりぐり耳を動かしてみましょう。
講師:えばなりょう

© 2020 ファミリーサポート・カウンセリング『さだちゃんのいぼ』

真夜中のストレッチング(2)

さだちゃんのいぼ連載コラム

真夜中のストレッチング(2)

慣れ親しんだいつもの道を歩いているのに、まるで世界が違って見えました。なにかに導かれるように田んぼのあぜ道を通り抜け、桑畑の土手を横切り、小高い丘の上の大きな樹の下に腰を下ろしました。いつの間にか鈴虫は鳴き止み、少しだけ肌寒い秋風が心地よく、風の音に耳を傾け、とろけるようなブルーベリーの闇に包まれた私は、心騒ぐ夜に迎えられたのです。やがて東の空が明るくなって来た頃、頼むからもう少しだけ、本当にあと少しだけ朝が来るのを待ってほしいと思ったものでした。後にも先にも、こんなに静かで騒がしい夜はありませんでした。

大人になってからも、寝てしまうにはもったいない夜を迎えることはありますが、散歩に行くことはなくなりました。最近はストレッチングをしています。本当は夜中にやらない方がいいのですが、何かをしないではいられない夜ですので、ゆっくりゆっくりストレッチングをしています。

そこで、

私の真夜中のストレッチングのすすめかたをご紹介させていただきます。
① 仰向けに寝そべって頭と頚と肩のセルフマッサージをします。(軽~く弱刺激です。)
② おしりの筋肉(大殿筋・中殿筋・梨状筋等)をストレッチングします。

(ストレッチングをするときは呼吸を意識しながらやってみてください。ストレッチングをするときは息を吐きながらです。5~6秒で吐きながら少しずつ力を入れてゆっくりゆっくりストレッチングをしてみてください。)
③ 仰向けか横向きに寝そべって5~6秒で息を吐いて3秒で吸うのをゆっくりゆっくり繰り返してみましょう。その内に眠くなってきて寝てしまいます。

以上です。
江花りょうでした。

真夜中のストレッチング(1)

さだちゃんのいぼ連載コラム

真夜中のストレッチング(1)

皆さん こんにちは! 江花りょうです。

皆さんはこんなことありませんか?

特に悩みごとがあったり不安になっているわけではないのに眠れない。こんな夜を経験したことはありませんか?今日は、こんな夜を迎えてしまったある日のことを書かせていただきます。

いつもは悩みごとや不安を抱えていることが多いのに、この日に限ってリラックスしていて頚も肩も凝っていないし頭もスッキリしているんです。なんだか今ならどんなことでもできそうな気がする夜なんですね。眠くないというより、寝るのがもったいない夜なんです。

初めてこんな夜を経験したのは中学3年生の秋です。

鈴虫が鳴いていたのをよく覚えています。当時の私は田んぼや畑しかないような地方の小さな町に住んでいました。受験勉強をしているふりをしてミュージックライフを読みながら、ラジカセでクイーンを聴いていましたが、なんだか少し飽きてきた午前3時頃、どうしたことか寝るのがもったいような気がしてきて散歩に出かけたくなりました。

家族に知られないように息を殺してそっと自分の部屋を抜け出し、こんな夜中に中学生が散歩に出かけてはいけないだろうと罪悪感を抱きながらも、玄関で靴を履きドアを開けてみたのです。外に出ると人っ子一人いませんでした。はちみつに漬けたレモンスライスのような満月の光に照らされたススキの穂が、秋風に揺れていました。林も田んぼも土手の雑草も、その全ての存在は昼間よりも鮮明で力強く美しく感じ驚きました。こんな世界があったのかと思うと罪悪感などなくなって、月灯りを頼りに散歩に出かけたのです。

江花りょう

はじめまして 

さだちゃんのいぼ連載コラム

はじめまして

はじめまして、江花りょうです。

‘’さだちゃんのいぼ‘’ホームページにお越しくださいましてありがとうございます。
そして江花のブログにまでお越しいただきありがとうございます。

今日はブログの書き始めです。
第一回目は、私とさだちゃんのいぼの出会いから書かせていただきます。

さいとうクリニックのデイナイトケアにてストレッチ体操の講師をさせていただいていた時に、日本トラウマ・サバイバーズ・ユニオン(JUST)を知りました。その活動のなかで ″さだちゃんのいぼ〝の皆さんにお会いすることができました。

ホームページのスタッフの皆さんのプロフィールをお読みいただければお分かりだと思いますが、現在、ホームページに紹介されているさだちゃんのいぼのスタッフさんだけではなく、まだ紹介されていないスタッフさんも皆さん、素敵なお人柄と豊富な経験と力強い志をお持ちの方です。いつもご一緒させていただいていると、私に気づかなかった私を気づかせてくださり元気や勇気をいただいております。

プロフィールに書いてないことで皆さまに知っていただきたいことが一つあります。スタッフの皆さんはどうやらお気づきではないようなのですが、ユーモアのセンスもハイレベルの皆さんです。

このように素晴らしいお仲間の皆さんとご一緒にお仕事ができることを心から感謝しています。ストレッチ体操で皆さまの健康の維持や改善のお力になれるようお手伝いさせていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。

江花りょう

SadachanoiboTV『ストレッチングたいそう』#001『眼精疲労と美顔』

『さだちゃんのいぼ』さだチャンネル

SadachanoiboTV『ストレッチングたいそう』

#001『眼精疲労と美顔』

東洋医学のツボを使った簡単なマッサージをYouTubeチャンネルで掲載中です。
目じりの下にある顴髎(かんりょう)は、眼精疲労と美顔の効果があるツボです。ぐりぐり押して下さい。
講師:えばなりょう

© 2020 ファミリーサポート・カウンセリング『さだちゃんのいぼ』

さだちゃんのいぼというところ

さだちゃんのいぼ連載コラム

さだちゃんのいぼというところ

「さだちゃんのいぼ」ときいて、私はなにか優しい感じを抱く。

さだちゃんという名前はとても愛嬌があるように思われる。そこに、いぼがつくので「いぼ」がとてもかわいらしいイメージに聞こえる気がする。

人とうまく渡り合えない、人間関係に悩むことが多いということもいわばいぼのようなものかもしれない。

厄介なものだと思って気にすればきりがないし、こだわって取ろうと思っても簡単には取ることはできずうまくいくことは少ないけど、愛嬌よく受け止めることができればそんな人間関係さえも乗り越えていけるかもしれないと思うのです。そうすれば、知らないうちにぼろっととれているそんなものかもしれません。

2020年8月7日(金)
団九郎